気鋭アーティスト 舘鼻則孝にとっての“リ・シンク”するものづくりとは?

メトロポリタン美術館など世界で展示される代表作「ヒールレスシューズ」を始め、日本の伝統的な文化や技法をバックボーンに持つ作品を送り出すアーティスト舘鼻則孝。『JT Rethink PROJECT』とのコラボレーションで8月12日から20日まで開催した<舘鼻則孝 リ・シンク展>には、前述の「ヒールレスシューズ」をはじめ、七宝文様を扱った絵画や彫刻、人形浄瑠璃の舞台の再現など“伝統・文化をRethinkする”世界観が立体的に一望できる展示が実現。今回はプロジェクトの概念に共鳴する氏自身の“Rethink観”とは何かをインタビューし、現代の私たちの生活でも参照できるメッセージもお聞きしました。

舘鼻則孝。アーティスト。

まずは今回のリ・シンク展を開催することになった経緯を教えていただけますか?

普段から僕の創作活動の中ではリ・シンクという概念は重要なところだと思っていて、この言葉でパッケージしました。今回の展覧会に関して言えばサポートしていただいているJTのRethink PROJECTとそういう部分が共鳴して出来上がったという気がしています。

クリエーションにおいて「“Rethink”する(視点を変えて考える)」というのはどのようなことなのでしょうか?

僕のようにモノを生み出したり、発信したりする立場の人間の場合、基本的に前を向くのですが、今まで積み重ねられた日本の歴史や文化の変遷を捉えることによって、より未来が明確になるということは往々にしてあり得るのではないかと思っています。ただ単純にモノを生み出す時に誰も見たことのない新しいものを生み出そうという感覚ではなく、“今まで積み重ねられてきたものの延長線上にどういうものを生み出していくか”、が重要になってくるので、例えばビジュアルに固執してしまうと逆に背景がないと思うのです。なぜこのモノを生み出したのか、なぜこの時代に必要なのかが、置き去りになってしまう部分が多い気がしています。

舘鼻則孝 リ・シンク展。

伝統的なものに対してリ・シンクするきっかけはいつだったのですか?

大学の卒業制作がちょうど「ヒールレスシューズ」を作ったタイミングで、それが一番大きなモノとしてアウトプットができたタイミングだと思っています。もとをただしていくと、僕は西洋への憧れがあったので、世界で活躍するファッションデザイナーになりたくてヨーロッパに留学して勉強しようと考えていました。でもその自分の姿を想像すると、周りの人たちはみんな外国人である一方、彼らにしたら僕が外国人で、日本からわざわざ勉強しにきているという立場だと思うのですが、そこで僕はなぜ日本人なのに海外の文化を勉強しに行くのだろうか、と思ってしまったのです。じゃあ自分の武器になるものはなんなんだ、ということを考えた時に、日本にもしっかり文化はあるということを感じたというか、ある種日本回帰したタイミングだったんですけど、それによって自分の進むべき道っていうのはわりと明確になったような気がしたのです。

舘鼻さんが伝統的なものの中にむしろ新しさを見る理由はなんでしょう。

古いものが好きなわけではなくて、どちらかというと新しいものに憧れがあったのですが、やっぱり“自分にしか生み出せないものはなんなのか”っていうところが重要だと思ったのです。そうでなければ自分が存在する価値はないじゃないですか。それは社会的に見た時に自分という人間がどういう人間なのかということにもつながってくると思うのです。僕の場合、東京藝大では工芸科だったので、じゃあ工芸だったら工芸というものに対して根本的に見直さなければならない。昔のものを現代に当てはめようとしても、スキルアップのための自己承認欲求的な感じになってしまいがちなのですが、そういうことではなくて、僕は新しい価値観が生まれるようなものづくりがしたかったのです。そのような意味でオリジナルというか原点的なものは知らなくちゃいけないなという気はしました。

会場内を練り歩く花魁。特設舞台では、本展のための新作演目を披露。

その最初の結実が「ヒールレスシューズ」であったと。

そうですね。「ヒールレスシューズ」というのは僕の中での方程式のような感じがするんです。自分にとってのいいケーススタディだったというか。それはプロセスの中でなんですけど、自分がこれを生み出す意味というのはどういうところなのか。これを舘鼻という日本人が世界に発表した時に、実際に世界が納得してくれるようなバックグラウンドを僕は持っているのかどうか。明治期の文明開化以降、日本は西洋化されて、第二次世界大戦以降には、日本人が和服を着なくなりました。客観的に見ると日本のファッションの歴史というのはその時点で止まっているような気がしたのです。僕が大学を卒業したのが2010年なんですけど、例えば1950年代ぐらいから2010年の間を串刺しにして現代に日本のファッションを再定義したかったのです。

「Heel-less Shoes」(2017)、「Embossed Painting Series」(2017)。

そうなってくると舘鼻さんのものづくりは社会学的でもありますね。

実際、美術館では着物や刀などの日本文化の延長線上に僕の靴や、他の現代作家の作品なども展示されています。

ところで舘鼻さんは実際の作業では伝統工芸士の方や3Dモデラーの方とものづくりをしています。チームワークを好んでやっていらっしゃる理由はどこにありますか?

最初は、一人で完結できることが尊く、単純にすごいと思っていたのです。例えば作品作りをして、写真に収め、それを発信するためにホームページが必要だからコーディングして、グラフィックはもちろんやって。でも大きなきっかけとしてはレディー・ガガさんのことがあって世に出るきっかけにもなって、ある意味、自分がプライベートからオフィシャルになったというか、舘鼻という存在が簡単にいうと公人になった瞬間に、スキルだったりとか知識だったりとか、そういうものが全部パブリックになったような感覚がありました。そのような状況に置かれた時にいろんなものをシェアすべきだと思うようになったのです。例えば一緒にプロジェクトに取り組むとか、一緒に作品を作るとか。伝統工芸士の方たちと一緒に組むことによって世界を広げることができたり、残すことができたり、そういうことに特化してこの先の道を進んでいった方がいいと思ったのです。なので、単純に作品を作って発表するというよりも、それと同時に副産物的にしっかり日本の土壌に、“経済的にも文化的にも何を残していけるのか?”を考えるようになりました。

舘鼻則孝。

日本のこれからの産業という観点から見て、その考え方自体も“リ・シンク”なのでは、と思いました。

もちろん作家としてこの作品は舘鼻の作品ということにはなるのですが、僕は職人の名前や地域や技術などの内容も発信しています。今は時代が違いますから、例えば昭和時代のように問屋さんの陰に隠れて職人がいるっていうことじゃなくていいと思うのです。実際、僕は問屋さんを通さないで、直接、職人とやりとりをしてものづくりしていますから。地方にいる方たちの仕事を東京であり、世界に発信できる立場なので、うまく自分でも自分のことを利用したいなという気はしています。

そして今回、トラヤカフェ・あんスタンドさんとコラボレーションされましたが、その理由は?

今まで虎屋さんとは羊羹のデザインをしたり、逆に僕がオーダーして羊羹を作ってもらったり色々な交流があって。今回、トラヤカフェさんにオファーしたのは“リ・シンク”という考え方と展覧会の構想を考えた時に、僕の中で虎屋ではなくてトラヤカフェとやりたいということを伝えたんです。トラヤカフェのあんペーストという商品は大本の虎屋からすると羊羹を作るための一つの材料ですよね。室町時代から続いてきた500年の歴史を見直してこの2000年代にあんペーストというものを商品化して発売するというのはすごく大きなことだと思ったんです。それで今回空間を共有して、茶屋を開こうという流れになったということです。

トラヤカフェ・あんスタンドが<舘鼻則孝 リ・シンク展>限定の甘味を提供。

では最後に読者に向けてリ・シンクという軸で何かメッセージをいただけますか?

日常生活は習慣や当たり前のことでほとんど成り立っていると思います。例えば、僕たちは手で二本のお箸を使って食事をしますが、なぜ二本なんだろうとか、このように当たり前すぎて考えないような疑問が僕にとってのものづくりのきっかけになっているのです。みんなが着目しなかったことも、見直してみることで新たな発見があったり、結果的に自分を見つめることにつながると思うのです。僕の場合はアーティストという職業において自分のアイデンティティを見つめ直す中から作品を創作していますが、みなさんの日常にも重ねることはできるのではないかなという気がします。

more more