JT Rethink PROJECTがマガジンハウス「Rethink 夫婦の時間」プロジェクトに協賛

「JT Rethink PROJECT」は、“Rethink-視点を変えて考える-”をキーワードに、時代とともに多様化するひとつひとつの価値を大切にした上で、過去の常識や慣習にとらわれることなく、新しい文化やライフスタイルを生みだしていくことに挑戦するプロジェクトです。
例えば、「たばこは火を使うもの」という常識にとらわれず、蒸気を使うたばこ、低温で加熱するたばこの開発を追求すること。吸わない人の気持ちを考えた、究極にクリーンなたばこを目指して挑戦を続けることもその取り組みの一つです。

このたび協賛するマガジンハウス「Rethink 夫婦の時間」プロジェクトは、仕事に、家事に、子育てに、すれ違いが多くなりがちな夫婦の時間をより豊かで実りあるものにしていきたい、二人の距離がもっと近づくように「“夫婦の時間”を考える」きっかけを作っていきたい、という想いから発足いたしました。
マガジンハウス「Rethink 夫婦の時間」プロジェクトの想いは、「JT Rethink PROJECT」の理念と通じるものがあり、その想いの共感によって、協賛の実現に至りました。プロジェクトは、以下の2本柱で展開されます。

マガジンハウス「Rethink 夫婦の時間」プロジェクトの活動

①“夫婦”をテーマにした新メディアの立ち上げ

Rethink Creator

夫婦の距離を縮めて、二人の時間をもっと豊かにするためのヒントとなる情報を発信する、新たなメディア「Rethink 夫婦の時間」が立ち上がります。編集長には、「Hanakoママ」兼「Hanakoパパ」にて編集長を務め、自身も働くママとして活躍している岸辺麻巳氏が就任。本日(11月8日)発行の「Hanakoママ」に同梱されるスペシャル版としてのリリースを皮切りに、11月22日よりWEBマガジンとして本格始動していきます。

②夫婦の時間を豊かにする場づくり・仕組みづくり

新メディア立ち上げに加えて、夫婦の距離を縮めて、二人の時間をもっと豊かにする場づくりや仕組み作りが行われます。第一弾として、夫婦の会話が弾む「距離」を追及したレストランのオープンが予定されております。続く第二弾プロジェクトでは、夫婦の共通の趣味探しをサポートするWEBサービスの展開が予定されております。
※プロジェクトの詳細につきましては、随時公開されていきます。

「JT Rethink PROJECT」は、これからも幅広いフィールドでのコラボレーションを通じて「Rethink」を具現化・発信し、社会に対して新しい価値を提供してまいります。

編集長 岸辺麻巳 プロフィール

大阪出身。大学卒業後、株式会社マガジンハウスに入社。
ハナコウエスト編集部、広告部、アンアン編集部を経て、2013年より現職。
働くママ向けのフリーマガジン・Hanakoママの編集長を務める。
夫と中一の息子の3人家族で、自身も働くママ。

more more