“夫婦で会話をするときに最適な距離は898mm”と判明!

JTは、新しい文化やライフスタイルを生み出す「JT Rethink PROJECT」の一環で、夫婦2人の距離を縮めるきっかけを作るべく、心理学者 晴香葉子先生監修のもと“夫婦の距離”について研究を行いました。その第一弾として、40組の夫婦を対象に実証実験を行い、夫婦で会話をするときに最適な距離は898mmという結果を導きだしました。

実証実験では、40組の夫婦を対象に向き合う形で設置された椅子に座っていただき、向き合って会話をする際にそれぞれ最適な距離を申告し、それぞれの椅子の中心(目と目の距離)を測定しました。40組80名の平均値を集計した結果、夫婦で会話をするときに最適な距離は898mmということがわかりました。晴香葉子先生は、「たとえ夫婦であっても、お互いが心地よいと感じる距離を知り、二人にとって丁度良い距離で会話をすることは、不要なストレスを回避し、良好な関係性の維持や向上につながります。」とコメントしています。

また、「JT Rethink PROJECT」が協賛するマガジンハウス「Rethink 夫婦の時間」プロジェクトは、今回導き出した「夫婦で会話をするときに最適な距離=898mm」という結果を活用し、夫婦で会話をするときに最適な距離を追究したレストラン『TABLE898』を11月22日より期間限定で代々木上原にオープンします。

心理学者 晴香葉子先生 コメント

私たちには、自分と他者との間に適切な距離を保っておきたいという欲求があり、無意識に目には見えない境界線を設定しています。その境界線より中に侵入されると強い不快感が起こりますし、それより離れてしまうと、寂しさや不満を感じます。40組 80名の最適な距離平均値は898㎜という結果になりましたが、単に平均値というだけでなく、参加者の多くが平均値に近い値を最適な距離として答えました。この898㎜という距離は、手を伸ばせば相手に届き、個人的な会話を楽しみやすいと考えられている距離に含まれます。実験中、ベストな距離で向かい合うと、肩がすっと下がりリラックスした表情になる人が多数見られました。たとえ夫婦であっても、お互いが心地よいと感じる距離を知り、二人にとって丁度良い距離で会話をすることは、不要なストレスを回避し、良好な関係性の維持や向上につながります。もちろん個人差もありますが、まずは一度、898㎜の距離を試し、調整して、二人だけのベストな距離を探ってみてはいかがでしょうか。

実証実験概要

[測定時期] 2018年10月2日
[被験者] 20代-50代の夫婦 40組

実験結果ムービー

「JT Rethink PROJECT」サイトでは、実験結果と連動したWEBムービーを公開いたします。夫婦の会話をするときに適切な距離を、わかりやすくキャッチーに解説しています。

心理学者 晴香葉子先生 プロフィール

晴香葉子(はるかようこ)。作家・心理学者・心理コンサルタント。早稲田大学オープンカレッジ心理学講座講師。東京都出身。文学修士。学芸員資格取得。博士後期課程単位取得。在籍中。企業での就労経験を経て心理学の道へ。研究を続けながら、様々な角度から情報を提供。
執筆、講演、監修などの活動を続けている。メディアでの心理解説,監修実績も多数。著作・寄稿は 30 冊を超え海外でも 4 冊出版。

『TABLE898』概要

『TABLE898』は、夫婦が向き合って心地よく会話ができる距離を追究した新感覚のレストランです。人気店舗を数々手がけているフランス料理人の丸山智博さんが総合プロデュースし、料理は、パリで有名なモダンフレンチ店舗「Restaurant A.T」のオーナーシェフを務める田中淳さんによる、夫婦の距離が縮まるフルコースを提供いたします。「JT Rethink PROJECT」が協賛するマガジンハウス「Rethink 夫婦の時間」プロジェクトの一環として展開されます。

店舗名:TABLE898(テーブル ハチキュウハチ)
営業期間:2018年11月22日(木)~12月2日(日)
住所:東京都渋谷区西原3-12-14
時間:18:00~20:00/20:45~22:45 ※完全予約制
金額:フルコース¥7,000ー(ドリンク別)
席数:20席(全席禁煙となりますが、プルーム・テックのみご使用頂けます)
電話番号:03-6327-2267(予約専用)

マガジンハウス「Rethink 夫婦の時間」プロジェクト概要

「Rethink 夫婦の時間」は、マガジンハウスが推進する、新しい時代の夫婦のあり方を提唱するプロジェクトです。仕事に、家事に、子育てに、すれ違いが多くなりがちな夫婦の時間をより豊かで実りあるものにしていきたい、二人の距離がもっと近づくように「“夫婦の時間”を考える」きっかけを作っていきたい、という想いから発足しました。マガジンハウス「Rethink 夫婦の時間」プロジェクトの想いは、「JT Rethink PROJECT」の理念と通じるものがあり、その想いの共感によって、協賛の実現に至りました。

「Rethink 夫婦の時間」サイト:https://rethink-fufu.jp

more more